バリ島で暮らす。バリ島に移住。バリ島で起業。ビザ取得。会社設立。顧問弁護。不動産売買。(株)アマテラス   HOME

バリ島でビザを取得する

ワーキングビザ・リタイヤメントビザ・ソシアルビザなど、ご訪問の目的により、数種類のビザが用意されています。目的に合ったビザをスムーズに取得するために、私たちにご相談ください。バリ島でのビザ取得についてわかりやすく説明いたします。

ワーキングビザの取得プロセス

ワーキングビザ(312)とは

インドネシアでインドネシア人以外の外国人が就労する為のビザで一年間と半年間とがあります。外国人就労は、年々厳しくなってきており、現在は国内で定められている職種の範囲内で、かつ定めた在留期間に限って就労ビザの取得が認められています。

条件については、年齢・学歴・役職によって就ける職また期間等の制限するケースがあります。各労働基準監督署によって見解が違うため予め確認が必要となりますのでお問い合わせください。

バリ島で就職し、働きながらバリ島を楽しむためには、必ず必要となるビザです。既に多くの日本人がバリ島で働いています。「早起きしてサーフィン、朝会社に出勤、夕方帰りにビンタンビールで一杯」なんて、憧れの生活ですよね^^?

リタイヤメントビザの取得プロセス

リタイアメントビザ(319)とは

リタイアメント・ビザ(退職者ビザ)は、55歳以上の方 (主に年金受給者)を対象にした長期滞在の為のビザです。 リタイアメントビザの滞在許可は1年間で、以後1年毎にインドネシア国内で最大5年間まで継続延長が可能です。

リタイア後の生活をのんびりインドネシアで過ごされたい外国人の為のビザで1年に1度の延長手続きが必要ですが、インドネシア 国外に出国せずに 最大で6年間まで滞在することができます。

バリ島で大好きな「サーフィン三昧」もよし、芸能文化にふれ「ダンスや宗教儀式」に参加するもよし、大自然の中で「海外生活」を楽しむのもよし。この温暖な気候のバリ島で、是非「第二の人生」を楽しんでください。



シングルビザ(ソシアル)(211)とは

シングルビザは利用目的として様々な分野に分かれていますが、名称は一括してシングルビザといいます。シングルビザという名称は最近になって使われるようになり、以前からソシアルビザは正式には「ソシアル・ブダヤビザ(文化交流ビザ)」と言われています。主に親族訪問や社会文化訪問(文化団体や教育機関への訪問、学会出席など)といった目的でインドネシア国内に入国するためのビザです。

このビザで入国した場合、インドネシア国内に30日~最長60日間滞在(申請先大使館によって滞在期間は異なることもある)することができます。また、申請により30日間の滞在期間延長を最大4回することができ、これにより150日~最長180日間の滞在ができます。ただし、ソシアルビザはシングルビザ(1回限りのビザ)なので、国外に出国した場合、滞在可能期間が残っていてもビザは無効となり、再入国する場合は、新たにビザを取り直さなくてはいけませんのでご注意ください。

※ソシアルビザ追記 (2017年3月2日)
上記滞在日数はシンガポールでビザ取得した場合です。
ソシアルビザ(最大180日間有効)滞在可能期間60日 30日間×4回
日本でビザ取得した場合は
ソシアルビザ(最大150日間有効)滞在可能期間30日 30日間×4回
※日本でVTTをし得した場合、シンガポールでビザを取得した場合と同じ滞在期間が可能です。


家族ビザ(日本人配偶者)(317)とは

配偶者(日本人配偶者)のどちらかが、インドネシアで就労している場合の、家族のためのビザで、一年間と半年間とがあります。配偶者の取得するワーキングビザの期間により、申請後、家族ビザの期間を決定します。また、配偶者の17歳以下のお子様も家族ビザの取得が可能です。

南国の楽園、バリ島での新しい生活・新しい友達・新しい趣味など、ご家族とともに今までとは一味違った人生を楽しみましょう。


家族ビザ(インドネシア人配偶者)(317)とは

配偶者(インドネシア人配偶者)の外国人家族を対象にした長期滞在の為のビザです。家族ビザの滞在許可は1年間で、以後1年毎にインドネシア国内で最大5年間まで継続延長が可能です。

南国の楽園、バリ島で独自の宗教・文化・習慣に触れながら、新しい生活を楽しんでください。



報酬を得る以外の、様々な商用活動を行う目的のビザです。
※現在制作中です。近日公開予定^^
※2017年1月よりVTTの取得が必要になりました。



観光目的のビザです。就労することはできません。

※30日以内の観光目的の場合に限り、ビザ免除(VOA不要)です。
VOAを取得せずに入国した場合は、延長できませんのでご注意ください。
バリ島へ観光!という通常の旅行者はビザ免除ですね。
パスポートだけで大丈夫!とても簡単です。

  先日はリタイアメントビザの件で大変お世話になりました。
こちらのホームページでは、ビザの金額、ビザを取得するまでの流れなど
事細かくご説明されていて大変わかりやすかったです。
おかげさまで、念願の「バリ島移住」夢がかないました^^
これからも主人と力を合わせて、バリ島を楽しんでいきたいと思います。
また、プライベートでも末永くお付き合いをお願いします。
メール相談無料です
メールでのお問い合わせは
amateras_bali@outlook.com
バリ島生活に役立つ情報です
グレイスノート
日本人による万全のサポート
バリ島でビザを取得する バリ島で起業・会社設立する
バリ島で弁護士を探す バリ島で不動産投資する
海外で年金を受取る方法

コラム人気ランキング

会社設立のプロセス
ワーキングビザの取得
リタイヤメントビザの取得
老後国から徴収される支出は
海外で年金を受取る方法
日本人による、日本人のためのサポート会社
※ご確認ください。
お仕事のご依頼は、インドネシア人法律家、またはインドネシア法律コンサルタントとの直接契約となります。御見積り金額に10%の税金がかかります。日本の銀行にお振込みをご希望の場合、4%の海外送金手数料がかかります。