バリ島で暮らす。バリ島に移住。バリ島で起業。ビザ取得。会社設立。顧問弁護。不動産売買。(株)アマテラス   HOME

バリ島生活に役立つ情報です
ワーキングビザの取得プロセス

マルチプルビジネスビザ(212)とは

インドネシアで就労を伴わない商用訪問(会議、商談、工場等現場下見等)が可能なビザです。ビザ期限は1年間です。1年間のうち、何回でもインドネシアへの出入国が可能です。1回の滞在可能日数は、最大60日間となります。このビザでインドネシアで報酬を伴う就労はできません。



申請前に用意していただく必要書類

■パスポート(写真のある部分見開きページ)コピー(PDF可)
※申請時には有効期限18 ヵ月以上あること。
■銀行預金通帳コピー(名前が記載されたページと、直近1ヶ月履歴)
※日本語不可、インドネシアまたは英語表記に翻訳する。
■E-ticketの控え(往復航空券で航空券番号のあるもの)




マルチプルビジネスビザ手続き代行料金:Rp5,000,000 (新規)

料金に含まれるもの
◯ VTT(テレックス)申請手続き
○スポンサー代行ならびにスポンサーレター発行
 ※イミグレーション法にて、企業がスポンサーに新規登録する場合に
  オンラインに登録してアカウントの取得等手続きが必要になりました。
  詳細につきましては メールにてご確認ください

料金に含まれないもの
◯ インドネシア在外公館(大使館・領事館)でのビザ申請取得費用
◯ インドネシア、シンガポールへの渡航費用など
◯ インドネシアや自国への渡航費用、移動時に発生する諸経費
◯ 海外傷害保険、その他インドネシア滞在中の保険料
◯ その他、「料金に含まれるもの」に記載されている以外の経費等




在シンガポールンドネシア大使館での代行申請エージェントをご紹介可能です。※料金別途
シンガポールエージェントを使われる場合 280シンガポールドル 
●大使館での申請費用込み。エージェントを通すと1日で取得可能です。
 必要書類
 ■パスポート原本(滞在日数+残存期間18ヵ月と査証空白欄3ページ以上必要)
 ■パスポート写真あるページと所持人記入欄ページのカラーコピー1枚(A4)
 ■証明写真 カラー4x6cm 背景白2枚
 ■VTT(テレックス)*メールに添付してある書類になります。
 ※念のためデータをUSBに入れて、ご持参ください。
 ■申請手続き用費用 シンガポール$280(大使館での申請費用込み)
 ※直接、現地エージェントにお支払いください。

※日本での手続きをご希望の場合は、日本のエージェントに従ってください(東京のみ対応)
●大使館での申請費用込み。エージェントを通すと申請から4日間で取得可能です。
 ※申請書類のお申し込みから、申請まで5日間ほど必要です。
 ■パスポート原本(滞在日数+残存期間18ヵ月と査証空白欄3ページ以上必要)
 ■パスポート写真あるページと所持人記入欄ページのカラーコピー1枚(A4)
 ■証明写真 カラー4x3cm 背景白1枚
 ■VTT(テレックス)*メールに添付してある書類になります。
 ※念のためデータをUSBに入れて、ご持参ください。
 ■大使館申請書 ご本人署名
 ■PersonalHistory ご本人署名
 ■インドネシア受入先企業からのInvitationLetter(招聘状)※PDFデータ
 ■日本の会社からのRecommendationLetter(推薦状)原本※ご本人準備
 ■スポンサーの身分証明者(KTP・KITAS・Surat Nikah)
 ■銀行預金通帳コピー(1,500USD以上。名前が記載されたページと、直近1ヶ月履歴)
 ※日本語不可、インドネシアまたは英語表記に翻訳する。
 ■E-ticket控え(往復航空券)※PDF可
 ■申請手続き用費用 22,428円(大使館での申請費用込み)
 ※直接、現地エージェントにお支払いください。




①ビザ取得のお申込み。

②必要書類の全てが揃いましたら、弊社へご一報頂いた上、全ての書類を送付して下さい。
同時に同意書、ご請求書についてもご確認お願いいたします。

③VTT(テレックス)発給許可の申請手続きを致します。
※あらかじめ、日本・シンガポールいづれかの在外公館利用かお伺いします。
※途中変更はできませんのでご注意ください。
※通常14日(土日祝日除く)

④VTT(テレックス)発給確認後、PDFにてお客様とビザ申請される予定の
インドネシア在外公館へ送付致します。

⑤VTT(テレックス)と必要書類を持参の上、インドネシア在外公館へ行って申請を行って下さい。
在シンガポールインドネシア大使館での代行申請エージェントをご紹介可能です。※料金別途
シンガポールへ渡航&取得の場合。※1泊2日。
1日目 シンガポール到着(午後便でOK)
2日目 午前9時30-午前11時までにエージェントに必要書類を渡す(必須です。遅延不可)
夕方5時に完成しますので、デンパサール行は夜9時以降の飛行機を手配してください。

⑥インドネシア在外公館にてVTT(テレックス)を受領後、60日以内に
バリ島に入国してください。
※60日を越えた場合には、ビザ発給許可が失効となります。

⑦ビザ期限は1年間です。
1年間のうち、何回でもインドネシアへの出入国が可能です。
1回の滞在可能日数は、最大60日間となります 。
※査証料/取得手数料は予告なく変更になる事がございます。予めご了承ください。
※日本でのマルチプルビジネスビザ取得も可能です。ご希望のお客様は、ご連絡ください。


以上、ご理解いただけましたでしょうか?
マルチプルビジネスビザ(212)の取得は弊社にお任せ下さい。

メール相談無料です グレイスノート
バリ島生活に役立つ情報です
 
 
メール相談無料です
メールでのお問い合わせは
amateras_bali@outlook.com
バリ島生活に役立つ情報です
グレイスノート
日本人による万全のサポート
バリ島でビザを取得する バリ島で起業・会社設立する
バリ島で弁護士を探す バリ島で不動産投資する
海外で年金を受取る方法

コラム人気ランキング

会社設立のプロセス
ワーキングビザの取得
リタイヤメントビザの取得
老後国から徴収される支出は
海外で年金を受取る方法
日本人による、日本人のためのサポート会社
①ビザ等のスケジュールについてご確認ください。
各種ビザ・その他証明書類の取得には、管轄省庁の指針に沿った取得スケジュールを提示させていただきますが、インドネシア国内の需要の拡大により、取得スケジュールが遅延する場合もございます。各役所の遅延等に関しましては、弊社として責任を負いかねます。予めご了承ください。取得には相当の余裕をもって準備を進めるようご注意ください。

②当サイトの情報を無断引用しているサイトへの警告です。
当サイトの情報は、インドネシア国家資格を有する、弁護士・司法書士・税理士等の監修のもと制作されています。当サイトの情報及び、使用している画像、イラスト、テキスト等、権利者の許可無く、複製、ダウンロード、改変、編集、転載 、配布等をすることを禁止します。そのような行為を発見した場合、直接警告の有無にかかわらず、当サイト1ページに付き1,000,000Rp/1日の著作権料を請求させていただきます。
(C) 2015 PT.AMATERAS