バリ島で暮らす。バリ島に移住。バリ島で起業。ビザ取得。会社設立。顧問弁護。不動産売買。(株)アマテラス   HOME

バリ島生活に役立つ情報です

シングルビザ(ソシアル)(211)とは

シングルビザは利用目的として様々な分野に分かれていますが、名称は一括してシングルビザといいます。シングルビザという名称は最近になって使われるようになり、以前からソシアルビザは正式には「ソシアル・ブダヤビザ(文化交流ビザ)」と言われています。主に親族訪問や社会文化訪問(文化団体や教育機関への訪問、学会出席など)といった目的でインドネシア国内に入国するためのビザです。

このビザで入国した場合、インドネシア国内に30日~最長60日間滞在(申請先大使館によって滞在期間は異なることもある)することができます。また、申請により30日間の滞在期間延長を最大4回することができ、これにより150日~最長180日間の滞在ができます。ただし、ソシアルビザはシングルビザ(1回限りのビザ)なので、国外に出国した場合、滞在可能期間が残っていてもビザは無効となり、再入国する場合は、新たにビザを取り直さなくてはいけませんのでご注意ください。




ソシアル(シングル)ビザスポンサー付き Rp750,000
●ソシアルブダヤ(シングルビザ)スポンサー代行ならびにスポンサーレター発行
 必要書類
 ■パスポートコピー(顔写真のあるページ。メールPDF添付送付でも可能。)




シンガポールエージェントを使われる場合 180シンガポールドル 
●大使館での申請費用込み。エージェントを通すと1日で取得可能です。
 必要書類
 ■パスポート原本(滞在日数+残存期間6ヵ月と査証空白欄3ページ以上必要)
 ■パスポート写真あるページの見開き1ページ分カラーコピー1枚
 ■証明写真 カラー4x6cm 背景白2枚
 ■スポンサーレター*メールに添付。ならびにスポンサーIDのコピー
 ※念のためデータをUSBに入れて、ご持参ください。
 ■申請手続き用費用 シンガポール$180(大使館での申請費用込み)
 ※直接、現地エージェントにお支払いください。




ソシアルビザ延長代行手数料 Rp900,000/1回の延長
●インドネシアバリ島内でのビザ延長手続き
移民局へ(延長の場合10日ほど前に延長手続きを行う) 
ソシアル延長(最大4回)は、初回の延長時のみ指定日にイミグレにて写真撮影のために来て頂きます。その後3回延長手続きはパスポートをお預かりするのみになります。※本人がイミグレーションに来る必要のある場合のみ事前に連絡いたします。
 必要書類
 ■パスポート原本。初回の延長時のみ指定日にイミグレにて写真撮影。



①ビザ取得のお申込み。
 
②シンガポールへ渡航日程決定。※注意:土日祝日除く。
 
③パスポートコピーを預かる。 ※メールPDF添付送付でも可能。
 
④スポンサーレター作成、スポンサーIDとともにメール添付PDFで送ります。
 
⑤シンガポールへ渡航&取得。※1泊2日。
1日目 シンガポール到着(午後便でOK)
2日目 午前9時30-午前11時までにエージェントに必要書類を渡す(必須です。遅延不可)
    夕方5時に完成しますので、デンパサール行は夜9時以降の飛行機を手配してください。
 
⑥バリ到着(最大60日滞在可能)
 
⑦延長手続き(1回の延長につき30日滞在可能)※延長回数は4回が最大になります。
※査証料/取得手数料は予告なく変更になる事がございます。予めご了承ください。
※日本でのシングルビザ取得も可能です。ご希望のお客様は、ご連絡ください。



以上、ご理解いただけましたでしょうか?
シングルビザ(ソシアル)(211)の取得は弊社にお任せ下さい。

メール相談無料です グレイスノート
バリ島生活に役立つ情報です
 
 
メール相談無料です
メールでのお問い合わせは
amateras_bali@outlook.com
バリ島生活に役立つ情報です
グレイスノート
日本人による万全のサポート
バリ島でビザを取得する バリ島で起業・会社設立する
バリ島で弁護士を探す バリ島で不動産投資する
海外で年金を受取る方法

コラム人気ランキング

会社設立のプロセス
ワーキングビザの取得
リタイヤメントビザの取得
老後国から徴収される支出は
海外で年金を受取る方法
日本人による、日本人のためのサポート会社
※ご確認ください。
お仕事のご依頼は、インドネシア人法律家、またはインドネシア法律コンサルタントとの直接契約となります。御見積り金額に10%の税金がかかります。日本の銀行にお振込みをご希望の場合、4%の海外送金手数料がかかります。