バリ島で暮らす。バリ島に移住。バリ島で起業。ビザ取得。会社設立。顧問弁護。不動産売買。(株)アマテラス   HOME

バリ島生活に役立つ情報です
リタイヤメントビザの取得プロセス
 
リタイヤメントビザの取得

リタイアメントビザ(319)とは

リタイアメント・ビザ(退職者ビザ)は、55歳以上の方 (主に年金受給者)を対象にした長期滞在の為のビザです。 リタイアメントビザの滞在許可は1年間で、以後1年毎にインドネシア国内で最大5年間まで継続延長が可能です。

リタイア後の生活をのんびりインドネシアで過ごされたい外国人の為のビザで1年に1度の延長手続きが必要ですが、インドネシア 国外に出国せずに 最大で6年間まで滞在することができます。

バリ島で大好きな「サーフィン三昧」もよし、芸能文化にふれ「ダンスや宗教儀式」に参加するもよし、大自然の中で「海外生活」を楽しむのもよし。この温暖な気候のバリ島で、是非「第二の人生」を楽しんでください。




●満55歳以上
●健康である事
●年金受給者または、現地での生活費の支払能力 がある方
 ※年金証書あるいは銀行預金の残高証明できること
●年間50,000,000ルピア以上の賃貸物件を借りる事
 ※条件は変更する場合がございます。
●健康保険・生命保険加入者(海外旅行保険の加入でも可) 傷害保険でも可能。
●滞在中はインドネシア人を使用人として雇用する事
●現地にて就労しない事
●観光大臣から正式許可を得た現地旅行会社が身元保証人になる。




必要書類
■パスポート(写真のある部分見開き)申請時には有効期限18 ヵ月以上あること。
■銀行通帳(名前のあるページ)履歴過去三ヶ月
 ※インドネシア語表記以外の場合は翻訳が必要。正規翻訳者印。
■家屋賃貸借契約書
■家主KTP
■雇用予定インドネシア人のKTP
■健康保険加入書(証明できるもの)
■証明写真 背景赤サイズ 4x6cm・3x4cm・2x3cm 各4枚用意
 ※念の為、写真作成時にデータを保存しておく。
■戸籍抄本

配偶者も取得の場合 ※配偶者は55歳以下でもビザの取得可能
■日本総領事館発行の結婚証明書(戸籍謄本)
■配偶者のパスポート(写真のある部分見開き)申請時には有効期限18 ヵ月以上あること。




リタイアメントビザ手続き代行料金:Rp10,500,000 (新規)

料金に含まれるもの
◯ VTT(テレックス)申請手続き
◯ KITAS(暫時滞在許可証)申請
◯ 1年間のマルチブル・リエントリー・パーミット(出入国許可)

料金に含まれないもの
◯ インドネシア在外公館(大使館・領事館)でのビザ申請取得費用
◯ インドネシア、シンガポールへの渡航費用など
◯ インドネシアや自国への渡航費用、移動時に発生する諸経費
◯ EPO(出国許可)の手続き代行料金
◯ 婚姻証明書、保険証書、年金証書などの翻訳手数料
◯ 海外傷害保険、その他インドネシア滞在中の保険料
◯ その他、「料金に含まれるもの」に記載されている以外の経費等




在シンガポールンドネシア大使館での代行申請エージェントをご紹介可能です。※料金別途
シンガポールエージェントを使われる場合 270シンガポールドル 
●大使館での申請費用込み。エージェントを通すと1日で取得可能です。
 必要書類
 ■パスポート原本(滞在日数+残存期間6ヵ月と査証空白欄3ページ以上必要)
 ■パスポート写真あるページの見開き1ページ分カラーコピー1枚
 ■証明写真 カラー4x6cm 背景白2枚
 ■VTT(テレックス)*メールに添付してある書類になります。
 ※念のためデータをUSBに入れて、ご持参ください。
 ■申請手続き用費用 シンガポール$270(大使館での申請費用込み)
 ※直接、現地エージェントにお支払いください。
 ※日本でのリタイアメントビザ取得も可能です。ご希望のお客様は、ご連絡ください。




①ビザ取得のお申込み。
 
②必要書類の全てが揃いましたら、弊社へご一報頂いた上、全ての書類を送付して下さい。
 同時に同意書、ご請求書についてもご確認お願いいたします。
 
③VTT(テレックス)発給許可の申請手続きを致します。
 ※あらかじめ、日本・シンガポールいづれかの在外公館利用かお伺いします。
 ※途中変更はできませんのでご注意ください。
 ※通常30日前後(土日祝日除く)
 
④VTT(テレックス)発給確認後、PDFにてお客様とビザ申請される予定の
 インドネシア在外公館へ送付致します。
 
⑤VTT(テレックス)と必要書類を持参の上、インドネシア在外公館へ行って申請を行って下さい。
 在シンガポールインドネシア大使館での代行申請エージェントをご紹介可能です。※料金別途
 シンガポールへ渡航&取得の場合。※1泊2日。
 1日目 シンガポール到着(午後便でOK)
 2日目 午前9時30-午前11時までにエージェントに必要書類を渡す(必須です。遅延不可)
     夕方5時に完成しますので、デンパサール行は夜9時以降の飛行機を手配してください。
 
⑥インドネシア在外公館にてVTT(テレックス)を受領後、60日以内に
 バリ島に入国してください。
 ※60日を越えた場合には、ビザ発給許可が失効となります。
 
⑦バリ島に到着されたら、至急弊社にご連絡下さい。
 ※ご到着日を前もってお知らせ下さい。
 
⑧入国後7日以内(土日、祝祭日も数える)にイミグレーションに報告します。
 パスポートを一旦お預かりし、KITAS(暫時滞在許可)の手続き代行を行います。
 ※入国後7日以内にイミグレーションに報告しない場合には、 罰金が課せられます。
 ※インドネシアが長期休暇に入る時期(断食明けの長期休暇)はイミグレーションの
 業務が停止しますのでご注意下さい。
 
⑨申請が進み準備が整いましたら、管轄のイミグレーションにて写真撮影と書類への署名を
 行います。日程は事前に連絡いたします。その際には担当スタッフが対応いたします。
 ※写真撮影とサイン(私共が移民局で合流致します)
 
⑩写真撮影後10日前後でのKITAS発行手続き終了となります。パスポート返還の前に
 KITASデータPDFを送信致します。その後パスポートの受け取りとなります。
 
⑪おめでとうございます。
 インドネシアに1年間滞在する為の手続きは全て完了致ました。



リタイアビザを延長する際に必要な登録申請は以下の通りです。
■居住区管轄への警察への届け出
■住民登録証(ドミシリ・SKTT)※デンパサール地区必須
 ※取得代行を依頼する場合は別途ご相談ください。




リタイアメントビザ延長代行手数料 RpRp10,500,000/1回の延長

リタイアメント・ビザ取得後、1年間の滞在が可能です。 リタイアメントビザの延長を希望される場合には、遅くとも滞在期間が切れる1ヶ月前までに、パスポート、KITAS(暫時滞在 証明証)、SKTTカードを提出してください。※ドミシリ(在住証明)取得後、市役所で手続きSKTTカード取得。※デンパサール地区必須。

※リタイアメントビザを破棄し、帰国される場合、EPO(出国許可)申請が必要となります。
※査証料/取得手数料は予告なく変更になる事がございます。予めご了承ください。


以上、ご理解いただけましたでしょうか?
リタイアメントビザ(319)の取得は弊社にお任せ下さい。

メール相談無料です グレイスノート
バリ島生活に役立つ情報です
 
 
メール相談無料です
メールでのお問い合わせは
amateras_bali@outlook.com
バリ島生活に役立つ情報です
グレイスノート
日本人による万全のサポート
バリ島でビザを取得する バリ島で起業・会社設立する
バリ島で弁護士を探す バリ島で不動産投資する
海外で年金を受取る方法

コラム人気ランキング

会社設立のプロセス
ワーキングビザの取得
リタイヤメントビザの取得
老後国から徴収される支出は
海外で年金を受取る方法
日本人による、日本人のためのサポート会社
※ご確認ください。
お仕事のご依頼は、インドネシア人法律家、またはインドネシア法律コンサルタントとの直接契約となります。御見積り金額に10%の税金がかかります。日本の銀行にお振込みをご希望の場合、4%の海外送金手数料がかかります。