バリ島で暮らす。バリ島に移住。バリ島で起業。ビザ取得。会社設立。顧問弁護。不動産売買。(株)アマテラス   HOME

バリ島生活に役立つ情報です
所有権と使用権
バリ島で不動産投資する

インドネシアでは外国人(法人を含む)の不動産所有は認められていません。
外国人は不動産の各種【権利】等を取得することで所有に近い状況を作り出し権利を主張することができます。

 

所有権(hak milik)

個人で土地を所有する権利です。
所有権を取得できるのは「インドネシア国籍者のみ」外国人は取得できません。国内外資本の別にかかわらず、法人は所有権が設定された土地を有することはできません。外国人の配偶者を持つインドネシア人も【結婚契約書】を作成することにより、所有権の取得が可能です。

ここで、アドバイスです!

婚姻前に、日本人がお金を出して、インドネシア人(結婚相手)名義で土地を購入する場合は
是非【婚前契約書】を作成をお勧めします。離婚時の土地の財産分与方法など決めておくと良いかもしれません。

 

使用権(hak pakai)

個人所有権の土地を使用する権利です。
使用権を取得できるのは「インドネシア国籍者」「インドネシア法人PT(PMA)」「インドネシアに居住する外国人」です。

使用権には有効期限があり、個人所有権者の土地上の使用権は最長25年で延長はできません。ここで「えっ?」と思われた方は多いと思います。「25年後に権利を失う・・・それでは資産価値が小さい」

ここで、アドバイスです!

もし、信頼できる使用権取得の権利者がいるならば、25年経過する前に権利を転売してください。転売により、さらに最長25年の使用権の権利を得ます。そして、さらに25年経過する前に、権利を買い戻してください。この転売を繰り返せば、半永久的に使用権を確保することが可能です。

使用権とは権利形態の名称で、単なるリースや賃貸契約を表すものではありません。外国人はこの使用権を使い、所有権とほぼ同等の土地使用の権利を持つことができます。※使用権の土地価格は、通常の販売価格(所有権)と同等価格で取引がされます。

建設権(hak guna-bangunan)

国有地・個人所有権の土地の上に建物を建設し所有する権利です。
建設権を取得できるのは、インドネシア国籍者、インドネシア法人PT(PMA)です。

建設権にも有効期限があり、最長30年で、さらに20年の延長が可能です。土地に権利がなくても建設した建物に権利を付けて主張することができます。

 

如何でしたでしょう?不動産の購入は非常に複雑で、最もトラブルの多い契約です。
長々と書き連ねましたが・・・
要するに私達にお任せ下さい。

メール相談無料です グレイスノート
バリ島生活に役立つ情報です
 
 
メール相談無料です
メールでのお問い合わせは
amateras_bali@outlook.com
バリ島生活に役立つ情報です
グレイスノート
日本人による万全のサポート
バリ島でビザを取得する バリ島で起業・会社設立する
バリ島で弁護士を探す バリ島で不動産投資する
海外で年金を受取る方法

コラム人気ランキング

会社設立のプロセス
ワーキングビザの取得
リタイヤメントビザの取得
タックスアムネスティ
海外で年金を受取る方法
日本人による、日本人のためのサポート会社
※ご確認ください。
お仕事のご依頼は、インドネシア人法律家、またはインドネシア法律コンサルタントとの直接契約となります。御見積り金額に10%の税金がかかります。日本の銀行にお振込みをご希望の場合、4%の海外送金手数料がかかります。